稼ぐには稼ぐ基礎知識を知る必要があります。

今回はネットビジネスとか在宅ワークなどと呼ばれているビジネスについての話です。インターネットを使って副業やサイドビジネスを行うには色々な方法があります。

このネットビジネスとか在宅ワークなどと呼ばれているビジネスで稼ぐには、それなりの成功するためのマインドが必要だと私は最近つくづく思っているのです。

どのようなマインドが必要かと言えば、それは記事を書くときに少しでも良いから「感謝の気持ち」を込めて書くことではないでしょうか。

自分のブログを読んでくれた人にとって少しでも役立つ情報を提供してあげることが私の「感謝」の気持ちなのです。

よく物を売るのに、売ることにはほとんど力を入れずに物の持つ良さを紹介したり、物を食べたり使ったりして幸福な生活を得ることが出来るようなお知らせ方法もあるのですよね。

どんな方法が良いかはあなたの個性や商品によっても大きく違ってくるでしょうが、間違いなく私が必要だと思っていることは記事を読んだ人が「喜ぶ」ようなことを書くことではないでしょうか。

これが私の思っている「感謝の気持ち」を込めた記事だと思っています。

場合によっては、これだけは購入しない方が良いですよというような記事を書かざるを得なくなることもあるでしょうが、正直に記事を書くことによって、記事への信頼感が生まれてくると信じています。

話をネットビジネスに戻しますと、ネットビジネスで実際に稼いでいると言える人は5%程度だと言われています。

この数字はネットビジネスが難しいのではなくて、ネットビジネスの基本を全く勉強せずに、ただ広告バナーを貼り付けたり、適当に記事を書いている人が多いことを物語っているように思えますね。

もし、本気でネットビジネスで稼ぎたいのであれば、基本的なことは必ず勉強してください。いくら「感謝の気持ち」があっても売れるかどうかは別問題になる部分も数多くありますからね。

もし、あなたがネットショップの運営で稼ぎたいと思っていましたら、無料お試し体験!ができる場所で勉強してください。

副業・サイドビジネスで稼ぐ方法を出来るだけ詳しく教えてくれるはずです。

私も今では少しだけですが稼げるようになったのは副業・サイドビジネスに正しい知識を持って取り組んだからだと思っています。

出費を抑える機材の調達

出費を抑える機材の調達
自分のショップのスペースを考慮して、どういった形態でショップを運営していくのが最適かをしっかり検討しましょう。必要なものを見極めてショップのサービス向上を 機材を上手に活用できれば、ショップの機能はもちろん、ユーザーへのサービスも向上します。

スペースの関係上、在庫の保管までは難しそうであれば、「ドロップシッピング」という方法もあります。機材の導入は、「本当に必要か」「費用に見合う効果が得られるか」「どの程度の機能が必要か」を充分に検討してから決定しましょう。いろいろな方法を試してみましょう機材の他にも、商品の仕入れやレンタルサーバーの利用料など、ショップの運営には何かと出費がかさみます。

何かとかさむ出費を抑える機材の調達にもくふうを なるべく安く良いものを。たとえば、パソコンやデジタルカメラはそれほど高い性能のものでなくても、プライベートで使用しているもの、もしくは同程度の機能のもので充分です。

自分のショップにとって、本当に必要なものは何かを見極め、資金やスペースのことも考えた上で、賢く導入していきましょう。もし、ネットショップ専用に機材を増やすのであればネットオークションなどで中古品を探してみましょう。また、ショップ運営には機材の他に、梱包材や包装紙などの資材が必要です。

NLPを活用した目標達成講座

ネットショップをはじめるときには

ネットショップをはじめるときには
最近では、副業としてショップ運営に挑戦する人も増えてきました。領収書と一緒に封入しておけば、リピーター作りに効果的です。最近のウイルス対策ソフトには、スパイウェア対策機能も搭載されているので、必ず導入して万全を期しましょう。使用感が伝わってくる写真は商品のイメージを描きやすく、ユーザーに好印象を与えてくれます。

性能は200〜300万画素クラス以上の機種であればOKです。そこで、撮影方法にこだわるなど、魅力的な写真を掲載するように心がけましょう。ユーザーの個人情報を取り扱うのであれば必ず導入しましょう。たとえば、衣服であれば生地の質感がわかるアップの写真、野菜などの食材であれば切った断面の写真なども掲載すれば、ユーザーにより細部まで商品の魅力を伝えることができます。

通常、ショップとユーザーのコミュニケーションはメールで行うことが多いので、FAXは必須ではありませんが、「インターネットで個人情報を送信するのが不安」というユーザーもいます。また、頻繁に外出するなど、自宅での作業がなかなか出来ない方は、外出先でも最低限メールは利用できる環境を整えましょう。

緊急連絡に電話を使用するケースも少なくはないので、法律面だけでなくショップの信頼性の面でも電話は重要です。機材を導入して効率化できるところは、どんどん効率化しましょう。ただし、24時間いつでも対応できるわけではないので、受付時間を何時から何時までと決めて、電話・FAX番号と一緒に表示しておきましょう。とはいえ、ネットショップを運営するにも最低限の機材を揃えなくてはなりません。そこでサイズや容量の調整や、商品をより魅力的に見せるために画像加工をできるソフトが必要です。デジタルカメラネットショップの販売商品は写真がないと始まりませんから、デジタルカメラの導入は必須。

快適なインターネット環境

快適なインターネット環境
快適なインターネット環境通信速度が遅くて、ユーザーに迅速な対応ができないようでは言語道断。また、発送件数が将来増加することを考えると、配送業者の伝票を印字できるドットプリンタがあるとよいでしょう。機材の他にも、ショップには必要となる「機能」があります。

インターネット上で商売を行う以上、ある程度の環境を充実させる必要があります。クレジットカード番号など、重要な情報を取り扱う機会の多いネットショップにとって、SSLはすでに常識になりつつあります。ぜひ、ADSLや光ファイバー等のブロードバンド回線を導入しましょう。しかし、ただ商品を撮影するだけでは、数多くあるネットショップの中で差別化が図れません。個人情報の送信を不安に思うユーザーを減らすには、ショップにSSL(Secure Socket Layer)を導入するのが有効(SSLの機能については後述します)。

ソフトはアドビ システムズの『PhotoShop Elements』などが一般的です。電話とFAXでの注文にも対応できるほうが、そういったユーザーに対して親切ですし、ショップの商機も拡がります。電話・FAXネットショップには、特定商取引法に基づき、サイト内に販売業者名、住所、電話番号などを表示する義務があるため、電話の導入は必須です。とはいえ、なるべくなら手作業で対応しなくてはいけない業務は減らしたいところ。

他にも、店長であるあなた自身が商品を使用している画像を、ブログにアップするといった方法も有効です。また、地方名産品を扱うショップなら、その季節ごとの写真を挨拶状に入れるなど、商品以外の場所でもこだわってみましょう。ショップに必須の基本的な機能を見ていきましょう。最近はSSLの認知度も上がっているので、SSLが導入済みとわかれば安心してネット取引をするユーザーも多いでしょう。

稼げるドロップシッピング

▼購入者の「高評価レビュー」が届いています。おすすめ!
http://www.infotop.jp/click.php?aid=20349&iid=18033

レビュー1(全体評価) : 4
レビュー2(一致性) : 完全一致
レビュー3(効果性) : 効果性(再現性)が認められる
レビュー3-2(効果の持続性) : 効果性が続くと思われる
レビュー4(お勧め対象者) : 初心者〜中級者
レビュー(コメント) :

大百科と言う事で、興味があり読んでみました。

このマニュアルは、物販をしたい、それも自分の
商品を持っている人には、大変有効なマニュアルです。

今流行の、ドロップシッピングではなく、
さらに、ドロップシップをする人に売ってもらう
仕掛け側です。

今後、ドロップシッピングは大きくなる市場なので
さらに、ためになるマニュアルでしょう。

難点としては、いろいろな情報を載せてしまっている
ことです。物販話から始まり、果てはSEOまで、
言い方を変えれば豪華ですが、
読んでいてはじめにあった情報が、薄まるので、
気をつけなくてはいけないですね。

それ以外は、5000円台とは思えない内容に
なっています。
大変、作者のデータが詰まった良いマニュアルです。
いい勉強になりました。


http://www.infotop.jp/click.php?aid=20349&iid=18033


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。