イメージ戦略

「成功する」と「成功しない」の違いはほんの僅かな差から生まれているようです。


情報商材を売るときのコツを一つ教えます。
それは、


『こうすれば稼げる!というのを鮮烈にイメージさせること』


人がモノを買う時って、イメージとか印象で買います。




例えば、スポーツカーを売る時のことを
考えてみるとわかりやすいかも。


マツダのロードスター。


これって2人しか乗れないし、
特に荷物は積めないし、
オープンにしてたら、雨が降ってきたら困ります。


スピードはそこそこ出るけど、
燃費もかかって、効率が悪いですよね?


同じ2人乗りなら、軽トラの方が利便性が高かったりする(笑)


でも、人気のあるクルマなわけです。
それはなぜか?


乗っている時のカッコイイ自分が想像できる。
彼女をナンパしやすそう。。
オープンにして、風を感じながらドライブしたい。。。


こんなイメージを呼び起こしてくれるからです。


確かに便利なクルマとは言えないけれど、
乗りてーーーッ!!って思わせてくれるんです。


だから、欲しくなる。




日給8万円がなぜ未だに売れ続けているのか?


それは、買った人の多くが、
『結果』を出しているから。


メルマガのノウハウなんて、
80%は外からわかる。


特におず式の場合は、
ノウハウをだだ漏れにしてるのと同じ事。


けれど、多くの人が結果を出しているノウハウというのは、
「じゃあ自分にもできるかも・・・」ってイメージしやすい。


だから売れる。


メルマガで何か売りたいのであれば、
それをイメージさせてあげればOKです。


アフィリエイターっていうのは、
人に有益な情報を与える事でお金をもらうお仕事。


グッドなモノを、
ビビッと伝えてあげること。


相手がそれを購入して、
ハッピーになったら、お仕事完了ってわけです。



○○という商材があるとする。
その商材の利点、欠点をメルマガで話して、
さらにその商材のヒネリをメルマガで話してしまう。


「おぉっ!なるほど〜。」と思った顧客は、
その時点で購買行動を取ります。


「北風と太陽」で言うところの、
「太陽」のイメージです。


むやみに煽るのではなく、
いかに欲しいと思ってもらうのか?


お客さんに、

「この商材を紹介してもらってホントに良かった。」

と思ってもらえる事が理想ですね。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。